フェーズドアレー気象レーダとスーパコンピュータ「京」による新しいゲリラ豪雨予測手法の開発

電子情報通信学会 - IEICE会誌 試し読みサイト
Vol.100 No.1 (2017/1) 目次へ

前の記事へ次の記事へ


フェーズドアレー気象レーダとスーパコンピュータ「京」による新しいゲリラ豪雨予測手法の開発

 理化学研究所(理研)計算科学研究機構(AICS),情報通信研究機構(NICT),大阪大学,気象庁気象研究所などの共同研究グループは,最新鋭のフェーズドアレー気象レーダの観測データとスーパコンピュータ「京」による数値シミュレーションを組み合わせる「ビッグデータ同化」という方法を用いる新しいゲリラ豪雨予測手法を開発した.

 近年,突発的・局地的な大雨をもたらす「ゲリラ豪雨」による災害が増えて社会的な問題となっている.このような局地的豪雨に対して,現在気象庁が運用している解像度が最も細かい局地モデルでは,解像度2kmの格子で全国を覆い1時間ごとに観測データを取り込んで9時間後までの予報を行っているが,このような予報モデルでは発生場所と時間を正確に予測するのは困難である.また,気象レーダ観測に基づいて短時間予報を行う高解像度降水ナウキャストでも数十分前にゲリラ豪雨の発生を予測するのは難しい.


続きを読みたい方は、以下のリンクより電子情報通信学会の学会誌の購読もしくは学会に入会登録することで読めるようになります。 また、会員になると豊富な豪華特典が付いてきます。


続きを読む(PDF)   バックナンバーを購入する    入会登録


  

「電信情報通信学会 - IEICE会誌」アプリをダウンロード

  Google Play で手に入れよう

本サイトでは会誌記事の一部を試し読み用として提供しています。