記念祝賀会 閉会の辞

電子情報通信学会 - IEICE会誌 試し読みサイト
Vol.100 No.12 (2017/12) 目次へ

前の記事へ次の記事へ


fig_3.png

 本日は,電子情報通信学会創立100周年記念式典並びに祝賀会に御参加頂きまして,誠にありがとうございました.以上をもちまして,本日の祝賀会を閉会したいと思います.

 本日は,お忙しい中にもかかわらず御参加を頂きました,国の関係諸機関の代表各位,日本学術会議をはじめとする関係諸学会の代表の方々,本祝賀会の開催に多大なる御支援を頂きました産業界の関係者の皆様方に対しまして,改めて心より御礼を申し上げます.

 また,貴重な記念講演をして頂きました末松安晴先生はじめ御出席頂きました本会名誉員の諸先輩方及び多くの会員の皆様方にも,日頃からの本会への御支援御協力を含め,厚く御礼申し上げます.

 100年前に,本会が創設された折には,まだ極めて細い社会の神経系でありました情報通信網が,1世紀の間に社会を支える最も重要な社会基盤となり,あらゆる社会活動を支える基礎となりましたことは,本会を支え続けてこられた会員諸先輩や関係の産業界,官界,学会関係者の多大なる努力の偉大な成果と誇ってよいと思います.現在,政府が政策の基本に据えているSociety 5.0の実現も,電子情報通信技術によって支えられるものであります.

 今後も,社会改革の原動力として電子情報通信技術はますます重要な役割を果たさなければなりません.我が国の社会や産業界の活性化,そしてあらゆる国民の生活の質の向上のために本会のますますの発展が期待されます.

 最後に,本日御参加頂きました皆様方の御健勝とますますの御発展を祈念致しまして,閉会の言葉とさせて頂きます.本日は誠にありがとうございました.


オープンアクセス以外の記事を読みたい方は、以下のリンクより電子情報通信学会の学会誌の購読もしくは学会に入会登録することで読めるようになります。 また、会員になると豊富な豪華特典が付いてきます。


続きを読む(PDF)   バックナンバーを購入する    入会登録


  

電信情報通信学会 - IEICE会誌はモバイルでお読みいただけます。

電子情報通信学会誌 会誌アプリのお知らせ

電信情報通信学会 - IEICE会誌アプリをダウンロード

  Google Play で手に入れよう

本サイトでは会誌記事の一部を試し読み用として提供しています。