ニュース解説 人や‘もの’のつながりを表すグラフデータから新たな知見を導く新技術を開発

電子情報通信学会 - IEICE会誌 試し読みサイト
Vol.100 No.3 (2017/3) 目次へ

前の記事へ次の記事へ


人や‘もの’のつながりを表すグラフデータから新たな知見を導く新技術を開発

 (株)富士通研究所は,人や‘もの’のつながりを表すグラフ構造のデータ(グラフデータ)に対して高精度な解析を可能とする機械学習技術「ディープテンソル」を開発した.

 近年,グラフデータとして分析可能なデータが蓄積され続けている.例えば,通信ログは,IPアドレスとポート番号のつながりとして分析可能である(図1(a)).グラフデータの学習とは,グラフデータを入力とし,正しい分類が精度良く出力される関数を,予測モデルとして学習することである(図1(b)).これにより,IPアドレスとポート番号のつながりの形状から,ある通信ログの集団が不正や攻撃に関与するかどうか判定することなどが可能となる.


続きを読みたい方は、以下のリンクより電子情報通信学会の学会誌の購読もしくは学会に入会登録することで読めるようになります。 また、会員になると豊富な豪華特典が付いてきます。


続きを読む(PDF)   バックナンバーを購入する    入会登録


  

電信情報通信学会 - IEICE会誌はモバイルでお読みいただけます。

電子情報通信学会誌 会誌アプリのお知らせ

電信情報通信学会 - IEICE会誌アプリをダウンロード

  Google Play で手に入れよう

本サイトでは会誌記事の一部を試し読み用として提供しています。