追悼抄 内田禎二さんを偲んで

電子情報通信学会 - IEICE会誌 試し読みサイト
Vol.100 No.4 (2017/4) 目次へ

前の記事へ次の記事へ


images/fig_1.png

日本の光エレクトロニクスの先駆け

内田禎二さん

平成28年12月10日御逝去,84歳

 内田禎二さんは,1931年岩手県盛岡市に生まれ,1954年東京大学工学部電気工学科を卒業後,直ちに日本電気株式会社(NEC)に入社されました.無線工場勤務を皮切りに,中央研究所量子装置研究部長,光エレクトロニクス研究所長,支配人,取締役を歴任され,1988年に東海大学開発研究所教授に就任されました.

images/fig_2.png

見掛けよりはるかにウェットなお人柄

この間,1960年から2年半,フランスのグルノーブル大学に留学,電波分光学の研究に従事され,工学博士の学位Ing.-Dr. を取得されています.その後,1967年,東京大学からもレーザの研究で工学博士の学位を受けられています.筆者は,内田さん(本来,内田禎二先生とお呼びすべきと思いますが,やや距離を感じてしまいますので,「内田さん」と呼ばせて頂きます)より一回りほど下ですが,NEC入社以来,20数年にわたって直属の上司として御指導を受けました.内田さんが大学へ転出された後も,会社や後輩を心配する先輩として,何かと声を掛けて頂きました.


続きを読みたい方は、以下のリンクより電子情報通信学会の学会誌の購読もしくは学会に入会登録することで読めるようになります。 また、会員になると豊富な豪華特典が付いてきます。


続きを読む(PDF)   バックナンバーを購入する    入会登録


  

電信情報通信学会 - IEICE会誌はモバイルでお読みいただけます。

電子情報通信学会誌 会誌アプリのお知らせ

電信情報通信学会 - IEICE会誌アプリをダウンロード

  Google Play で手に入れよう

本サイトでは会誌記事の一部を試し読み用として提供しています。