ニュース解説 磁石の中の素励起「マグノン」を数える――超伝導量子ビットとのハイブリッドシステムを利用――

電子情報通信学会 - IEICE会誌 試し読みサイト
Vol.101 No.1 (2018/1) 目次へ

前の記事へ次の記事へ


磁石の中の素励起「マグノン」を数える

――超伝導量子ビットとのハイブリッドシステムを利用――

 東京大学と理化学研究所のチームは,ミリメートルサイズの磁石の球の中で,スピンの集団運動の素励起であるマグノンの個数を1個単位で数えることに世界で初めて成功した.量子コンピュータの基本素子として注目されている超伝導量子ビットを高感度なセンサとして用い,10の18乗個もの電子のスピンが織り成す集団運動を1量子レベルで定量的に評価した.この成果は,スピントロニクスと量子情報科学という二つの分野の最前線に位置するものであり,両者の融合による新たな展開が期待される.


続きを読みたい方は、以下のリンクより電子情報通信学会の学会誌の購読もしくは学会に入会登録することで読めるようになります。 また、会員になると豊富な豪華特典が付いてきます。


続きを読む(PDF)   バックナンバーを購入する    入会登録


  

電信情報通信学会 - IEICE会誌はモバイルでお読みいただけます。

電子情報通信学会誌 会誌アプリのお知らせ

電信情報通信学会 - IEICE会誌アプリをダウンロード

  Google Play で手に入れよう

本サイトでは会誌記事の一部を試し読み用として提供しています。