ニュース解説 100Gbit/s無線伝送を,世界で初めて新原理「OAM多重」を用いて成功

電子情報通信学会 - IEICE会誌 試し読みサイト
Vol.101 No.10 (2018/10) 目次へ

前の記事へ次の記事へ


最近の新聞等で報道された技術情報を深める ニュース解説

◆今月のニュース解説

100Gbit/s無線伝送を,世界で初めて新原理「OAM多重」を用いて成功

 Successful Demonstration of 100Gbit/s Wireless Transmission Using a New Principle“OAM Multiplexing”as a World’s First

聞きたい人の声に耳を傾けるコンピュータを実現

 Extracting Speech of a Target Speaker Based on the Characteristics of His/Her Voice

100Gbit/s無線伝送を,世界で初めて新原理「OAM多重」を用いて成功

 日本電信電話株式会社は,2030年代の無線需要を支えるテラビット級無線伝送の実現を目指し,OAM多重という新原理を用いて100Gbit/sの無線伝送に世界で初めて成功した.OAM(Orbital Angular Momentum:軌道角運動量)を利用した新原理により作り出される電波にデータ信号を乗せ,広く利用されているMIMO(Multiple Input Multiple Output)技術を組み合わせることで,飛躍的に大容量化を実現できることを実験室の環境で実証した.


続きを読みたい方は、以下のリンクより電子情報通信学会の学会誌の購読もしくは学会に入会登録することで読めるようになります。 また、会員になると豊富な豪華特典が付いてきます。


続きを読む(PDF)   バックナンバーを購入する    入会登録


  

電信情報通信学会 - IEICE会誌はモバイルでお読みいただけます。

電子情報通信学会誌 会誌アプリのお知らせ

電信情報通信学会 - IEICE会誌アプリをダウンロード

  Google Play で手に入れよう

本サイトでは会誌記事の一部を試し読み用として提供しています。