編集室

電子情報通信学会 - IEICE会誌 試し読みサイト
Vol.101 No.10 (2018/10) 目次へ

前の記事へ次の記事へ


編集室

 * 現在のAIブームをもたらしたのが,パターン認識技術の進歩だと言っても過言ではなく,この10年,この技術を取り巻く状況が大きく変わりました.機械学習に利用できるデータの大規模化や深層学習等により,パターン認識精度が著しく向上し,社会の様々な分野で利用されるようになってきています.例えば,入国審査での顔認証や自動運転など高い認識精度が要求される分野でも利用されており,今後も様々な分野で利用されると考えられます.

 * このブームの中,「パターン認識・メディア理解の機能拡張に向けたOpen Idea」という小特集を掲載しました.この小特集は,パターン認識・メディア理解(PRMU)研究会が10年ほど前に実施した「PRMUグランドチャレンジ」企画でまとめられた課題が,10年たった今,既に一般化していることから,「この分野のこれからを考える」として第2期PRMUグランドチャレンジが企画され,この議論をまとめたものです.結果を広く公開し,読者と共有するスタンスで取り組まれており,新たな問題意識,未解決課題,更に新たな技術の可能性などが分かりやすくまとめられています.

 * パターン認識精度が向上し,高い精度が要求される分野でも活用されている状況にあるからこそ,パターン認識の未来を議論し公開することは意義あることだと思います.今後のパターン認識の研究や応用を考える上で,大いに参考になると思います.是非,多くの人に読んで頂ければ幸いです.

(編集特別幹事 井ノ上直己)


オープンアクセス以外の記事を読みたい方は、以下のリンクより電子情報通信学会の学会誌の購読もしくは学会に入会登録することで読めるようになります。 また、会員になると豊富な豪華特典が付いてきます。


続きを読む(PDF)   バックナンバーを購入する    入会登録


  

電信情報通信学会 - IEICE会誌はモバイルでお読みいただけます。

電子情報通信学会誌 会誌アプリのお知らせ

電信情報通信学会 - IEICE会誌アプリをダウンロード

  Google Play で手に入れよう

本サイトでは会誌記事の一部を試し読み用として提供しています。