ニュース解説 GNSSを用いた巨大地震の断層即時推定システムの開発とその近地津波予測への活用

電子情報通信学会 - IEICE会誌 試し読みサイト
Vol.101 No.2 (2018/2) 目次へ

前の記事へ次の記事へ


GNSSを用いた巨大地震の断層即時推定システムの開発とその近地津波予測への活用

 東北大学大学院理学研究科と国土地理院が開発したREGARD(REal-time GEONET Analysis for Rapid Deformation Monitoring)と呼ばれる,巨大地震の地震規模(マグニチュード)及びその断層面の広がりを即時的に把握するシステムが,2017年11月から内閣府が運用を開始した「津波浸水・被害推計システム」の津波波源モデルの一つとして採用された.REGARDは,2016年4月に発生した熊本地震についても,地震後5分程度でその地震規模や断層破壊の領域を正確に把握することに成功し,今後の活用が期待されている.


続きを読みたい方は、以下のリンクより電子情報通信学会の学会誌の購読もしくは学会に入会登録することで読めるようになります。 また、会員になると豊富な豪華特典が付いてきます。


続きを読む(PDF)   バックナンバーを購入する    入会登録


  

電信情報通信学会 - IEICE会誌はモバイルでお読みいただけます。

電子情報通信学会誌 会誌アプリのお知らせ

電信情報通信学会 - IEICE会誌アプリをダウンロード

  Google Play で手に入れよう

本サイトでは会誌記事の一部を試し読み用として提供しています。