小特集 4-5 スイッチング電源の高周波化の動向

電子情報通信学会 - IEICE会誌 試し読みサイト
Vol.101 No.4 (2018/4) 目次へ

前の記事へ次の記事へ


次世代を切り開く情報通信エネルギー技術
4.様々な情報通信エネルギー技術の動向

小特集 4-5

スイッチング電源の高周波化の動向

Technical Trends in High-frequency Driving of Switching Power Supplies

池田 敏 末次 正

池田 敏 正員 パナソニック株式会社エコソリューションズ社

末次 正 正員 福岡大学工学部電子情報工学科

Satoshi IKEDA, Member (Eco-solutions Company, Panasonic Corporation, Kadoma-shi, 571-8686 Japan) and Tadashi SUETSUGU, Member (Faculty of Engineering, Fukuoka University, Fukuoka-shi, 814-0180 Japan).

電子情報通信学会誌 Vol.101 No.4 pp.377-381 2018年4月

©電子情報通信学会2018

abstract

 スイッチング電源における最大の課題は,その小形軽量化である.かねてより,その解決の鍵は,駆動周波数の高周波化にあるとされる.近年,駆動周波数のメガヘルツ帯域への高周波化によって,スイッチング電源を小形化する研究が急速に進展している.共振形スイッチング電源の高周波化による回路の小形化の状況や,高調波を用いた共振形電源の応用事例,及び今後の展望と技術課題について述べる.

キーワード:高周波絶縁,スイッチング電源,ソフトスイッチング,零電圧スイッチング,零電流スイッチング,共振形,E級,math

1.は じ め に

 パワー半導体スイッチのオンオフ動作を基本とし,出力の安定化を行うスイッチング電源は,原理的には旧来のリニアレギュレータ電源に比べ低損失である.スイッチング電源にはトランス・リアクトル等の磁気部品及びコンデンサが配備され,それらは駆動周波数を高めることにより小容量,すなわち小形軽量なものとなる(図1).

fig_1.png


続きを読みたい方は、以下のリンクより電子情報通信学会の学会誌の購読もしくは学会に入会登録することで読めるようになります。 また、会員になると豊富な豪華特典が付いてきます。


続きを読む(PDF)   バックナンバーを購入する    入会登録


  

電信情報通信学会 - IEICE会誌はモバイルでお読みいただけます。

電子情報通信学会誌 会誌アプリのお知らせ

電信情報通信学会 - IEICE会誌アプリをダウンロード

  Google Play で手に入れよう

本サイトでは会誌記事の一部を試し読み用として提供しています。