ニュース解説 認識精度の向上を容易に実現するディープラーニングの適応的正則化技術を開発

電子情報通信学会 - IEICE会誌 試し読みサイト
Vol.101 No.5 (2018/5) 目次へ

前の記事へ次の記事へ


タイトル

◆今月のニュース解説

認識精度の向上を容易に実現するディープラーニングの適応的正則化技術を開発

 Development of Adaptive Regularization Method to Improve Performance of Deep Neural Networks

シリコン量子ドットで超高忠実度な電子スピン量子ビットを実現
――半導体集積化に適した量子コンピュータ開発を加速――

 Ultra-high Fidelity Electron-spin Quantum-bit in Silicon Quantum Dots

認識精度の向上を容易に実現するディープラーニングの適応的正則化技術を開発

 日本電気株式会社は,認識精度の向上を容易に実現するディープラーニングの適応的正則化技術を開発した.

 近年,ディープラーニングが飛躍的な発展を遂げ,画像認識や音声認識をはじめとする幅広い分野で活用されている.ディープラーニングでは,深い層構造を持った巨大なニューラルネットワークを用い,あらかじめ準備したデータを学習させることで高精度な認識を実現する.


続きを読みたい方は、以下のリンクより電子情報通信学会の学会誌の購読もしくは学会に入会登録することで読めるようになります。 また、会員になると豊富な豪華特典が付いてきます。


続きを読む(PDF)   バックナンバーを購入する    入会登録


  

電信情報通信学会 - IEICE会誌はモバイルでお読みいただけます。

電子情報通信学会誌 会誌アプリのお知らせ

電信情報通信学会 - IEICE会誌アプリをダウンロード

  Google Play で手に入れよう

本サイトでは会誌記事の一部を試し読み用として提供しています。