2018年度事業計画書・同収支予算書

電子情報通信学会 - IEICE会誌 試し読みサイト
Vol.101 No.7 (2018/7) 目次へ

前の記事へ次の記事へ


2018年度事業計画書

自 2018年4月1日~至 2019年3月31日

〔概 要〕

〈経緯と理念〉

 本会は,1911年(明治44年),当時の逓信省電気試験所に研究会が誕生し,その後,一般からも会員を募集して研究会を学会組織に改め,1917年(大正6年)5月1日に電信電話学会が創立されたことに始まる.それ以来,長きにわたって,我が国の電子情報通信分野における基礎理論から応用開発まで幅広い領域の進展に先導的な立場で多大なる貢献をし,昨年創立100周年を迎えるに至った.

 創立100周年にあたっては,本会がコミュニケーションの夢とそれによって実現される豊かな未来社会に向けて果敢に挑戦し,革新的技術及びイノベーションを継続的に創出する学会として大きく飛躍することを目指し,以下の方向性で活動することを宣言した.

1.広汎な知が交流する場を作り,新たな学術領域をひらく

2.社会課題の解決に貢献し,新たな社会のビジョンを作成する

3.技術倫理の向上に努め,社会に向けて発信する

〈活動の基本方針〉

 本会の事業は,学会全体事業(以下,共通事業という),ソサイエティ及びグループ事業,並びに支部事業の三つに大別されるが,本年度も上記の創立100周年宣言の指針にのっとり,今後の学会のあるべき姿を見通しつつ,本会の価値を向上させるべく,会員サービスの向上,社会貢献度の向上,また国際的な地位向上による国内外会員数の増加を目指し,各組織レベルでの事業に取り組んでいく.あわせて,移行法人としての一般社団法人の義務である公益目的支出計画を着実に継続実行するとともに,「持続可能な学会運営」を掲げて事業を推進する.

〈現状認識と主な施策〉

●会員サービス及び運営の質の向上

 会員サービス向上,学会運営体制変更,業務・運用が,効率良く柔軟に対応できる,ICT基盤システム構築を目指し,2017年度に創立100周年記念事業の一環として,学会の運営制度・仕組みの設計見直し,いわゆる“グランドデザイン”を行った.

 今年度は,その“グランドデザイン”に基づいた,必要な会員管理システムの更改,学会の貴重な資産である各種論文等のコンテンツサービス提供システムの構築等の開発を進める.

 一例として,会員マイページから学会の各種情報システムが利用できるようにし,サービスを向上させる(運用開始は次年度から).

●コンテンツの電子化とオープンアクセス化

 論文・会誌・技術研究報告・ハンドブック等を電子化し利便性の向上を図っている.技術研究報告については,一部ソサイエティでは今年度から,冊子体のない完全電子化の運用を開始する.同時に,電子媒体をWebで広く会員外でも見ることができるオープンアクセス化や,更に誰でも無償で閲覧できる無償オープンアクセス化の是非の検討を行っている.情報・システムソサイエティ英文論文誌については2017年1月から先行オープンアクセス化を開始した.無償オープンアクセス化の会員数への影響,財務への影響を逐次計測し,他のソサイエティでの対応方針を決定していく.

●グローバル化

 国内の機関を前提に制度設計されていた論文誌のサイトライセンス契約ができる特殊員を海外の機関にも拡張するため,グランドデザインの中で海外特殊員にも対応できる制度に見直した.今後,各種刊行物コンテンツを国内と同様にグローバルに提供できる環境を整えていく.

●産業界・他分野から魅力的な学会

 産業界からは異業種同士の集まる場の提供,将来の技術動向の情報発信,産学官の連携強化,若手研究者の育成等の期待が寄せられている.また,ICTの関連する産業の裾野は広がっており,そこで活躍する研究開発者を学会に取り込めていない.関わって頂いている産業界及び新規のICT分野の方にとって魅力的な企画を推進する.

●財務基盤の安定化

 他の学会と同じく会員数の減少傾向が続いており,引き続き会員サービスの向上と魅力ある学会活動の活性化により,幅広い層からの会員増による収入増に努める.更に,研究会事業のように黒字を出している事業を強化し,サービス向上に努めながら,安定した収入を確保する.

Ⅰ.共 通 事 業

1.出版に関する事項

1.1 会 誌(定款 第4条 イ号)

 会誌は学会のアイデンティティを定める重要な媒体で,最も基本的な会員サービスの一つである.親しみやすく読みやすい会誌であるために誌面レイアウトの改善を継続的に進める.また,定着している特集の毎号化を更に充実させ,内容的にも読みやすく,かつ数年のスパンで記事間の重複度を考慮したバランスの良い構成となるよう努め,会員にとってより身近な機関誌とする.

 また,2013年度から開始した電子的配信システムについては,iOS/Androidの両アプリが完成してシステムも安定しているため,今年度はプロモーションとコンテンツの充実を推進する.

 (1)年間発行部数は285,600部(23,800部/月),年間ページ数は本文1,188ページ(100ページ/月),広告64ページ(5ページ/月)で計画する.

 (2)特集,小特集,特別小特集は以下に示す内容で発行する.


続きを読みたい方は、以下のリンクより電子情報通信学会の学会誌の購読もしくは学会に入会登録することで読めるようになります。 また、会員になると豊富な豪華特典が付いてきます。


続きを読む(PDF)   バックナンバーを購入する    入会登録


  

電信情報通信学会 - IEICE会誌はモバイルでお読みいただけます。

電子情報通信学会誌 会誌アプリのお知らせ

電信情報通信学会 - IEICE会誌アプリをダウンロード

  Google Play で手に入れよう

本サイトでは会誌記事の一部を試し読み用として提供しています。