解説 多様化する大学教育――シリーズ開始にあたって――

電子情報通信学会 - IEICE会誌 試し読みサイト
Vol.102 No.2 (2019/2) 目次へ

前の記事へ次の記事へ


解説

多様化する大学教育

――シリーズ開始にあたって――

塩田茂雄

 「大学という最高学府で行われる難解な講義は,その難解さを知的に楽しみながら有り難く拝聴するものである」と,私はかつて教えられて大学に入学しました.実際に大学に入ってみると,楽しい講義をして下さる先生も中にはおられましたが,大学にふさわしく(?)難解な講義をなさる先生もおられ,有り難く拝聴しようとしたものの,なかなか目を開けていることが難しく,結果的に睡眠時間になってしまったことも多々ありました.高校までの「手取り足取り」スタイルの丁寧な参考書や問題集ももはや大学には見当たらず,いかめしい顔つきの無味乾燥な専門書を相手に,学問というのはこのようにして究めるものであると,自分なりに納得していて勉強をしていたことを思い出します.


続きを読みたい方は、以下のリンクより電子情報通信学会の学会誌の購読もしくは学会に入会登録することで読めるようになります。 また、会員になると豊富な豪華特典が付いてきます。


続きを読む(PDF)   バックナンバーを購入する    入会登録


  

電信情報通信学会 - IEICE会誌はモバイルでお読みいただけます。

電子情報通信学会誌 会誌アプリのお知らせ

電信情報通信学会 - IEICE会誌アプリをダウンロード

  Google Play で手に入れよう

本サイトでは会誌記事の一部を試し読み用として提供しています。