図書紹介

電子情報通信学会 - IEICE会誌 試し読みサイト
Vol.102 No.2 (2019/2) 目次へ

前の記事へ次の記事へ


図書紹介

意思決定を助ける情報可視化技術
――ビッグデータ・機械学習・VR/ARへの応用――

伊藤貴之(著)“意思決定を助ける 情報可視化技術――ビッグデータ・機械学習・VR/ARへの応用――”,コロナ社(2018-04),A5判,定価(本体2,300円+税)

 本書を読んだ理由は,普段の研究でデータに触れる機会が多く,常々データに含まれる情報の可視化の重要性を感じていたためである.

 まず本書で確かにと思わされたのは,可視化と「可読化」は違う(9.4節)という点である.世の中でサイネージ等にモニタリングの結果を出力したものはよくあり,可視化の代表例のように言われることもある.しかし,これらの多くはあえて視覚に訴える必要がなく,読める状態に置く「可読化」以上のものではないということである.では,可視化ならではというものは何か?については,正に本書に当たっていくのがよいだろう.


続きを読みたい方は、以下のリンクより電子情報通信学会の学会誌の購読もしくは学会に入会登録することで読めるようになります。 また、会員になると豊富な豪華特典が付いてきます。


続きを読む(PDF)   バックナンバーを購入する    入会登録


  

電信情報通信学会 - IEICE会誌はモバイルでお読みいただけます。

電子情報通信学会誌 会誌アプリのお知らせ

電信情報通信学会 - IEICE会誌アプリをダウンロード

  Google Play で手に入れよう

本サイトでは会誌記事の一部を試し読み用として提供しています。