環境発電を用いてバッテリー交換を不要にした無線センサ端末を開発――従来の10分の1の環境エネルギーで動作可能に――

電子情報通信学会 - IEICE会誌 試し読みサイト
Vol.99 No.12 (2016/12) 目次へ

前の記事へ次の記事へ


環境発電を用いてバッテリー交換を不要にした無線センサ端末を開発

――従来の10分の1の環境エネルギーで動作可能に――

 安全・安心な社会の実現,少子高齢化への対応,インフラ老朽化の対策などの社会のニーズに応える上で,センシング技術の活用が効果的であると考えられる.しかしながら,多数のセンサを設置し,無線で情報を収集するシステムを構築する場合,電池交換などのメンテナンスの負担が大きく,普及の障害となっている.そこで日立製作所では,微小な環境エネルギーを効率的に収集する回路を開発し,そのエネルギーのみで作動する無線センサ端末を開発した.

 例えば,太陽光を用いた環境発電では,電池交換を不要とした無線センサ端末は既に実用化されているが,屋外に適用シーンが限定される.一方,屋内の照明光は,太陽光と比較して微小なエネルギーしか得られないため,センサ端末に搭載可能な数cm程度の発電素子では,数µW~100µW程度の発電量しか得られず,無線センサ端末を安定動作させることは難しかった.


続きを読みたい方は、以下のリンクより電子情報通信学会の学会誌の購読もしくは学会に入会登録することで読めるようになります。 また、会員になると豊富な豪華特典が付いてきます。


続きを読む(PDF)   バックナンバーを購入する    入会登録


  

「電信情報通信学会 - IEICE会誌」アプリをダウンロード

  Google Play で手に入れよう

本サイトでは会誌記事の一部を試し読み用として提供しています。