記念特集 2-2-11 LOIS 研専のこれまでの経緯と研究状況

電子情報通信学会 - IEICE会誌 試し読みサイト
Vol.100 No.10 (2017/10) 目次へ

前の記事へ次の記事へ


fig_2.png

若原俊彦 正員:フェロー 福岡工業大学情報工学部情報通信工学科

Toshihiko WAKAHARA, Fellow (Faculty of Information Engineering, Fukuoka Institute of Technology, Fukuoka-shi, 811-0295 Japan).

電子情報通信学会誌 Vol.100 No.10 p.1064 2017年10月

©電子情報通信学会2017

1.は じ め に

 ライフインテリジェンスとオフィス情報システム(LOIS: Life Intelligence and Office Information Systems)研専は,オフィス業務の効率化を目指すシステム開発等を目的に昭和61(1986)年にオフィスシステム(OS)として発足し,30年が経過した.以下,現在に至るこれまでの経緯及び研究状況等について述べる.

2.LOIS研専の経緯(1)

 OS研専の発足にあたって,日本電信電話株式会社研究所の釜江尚彦博士と大阪大学の故真田英彦元教授の御尽力によるところが大きい.発足当時の昭和60年代は,日本語ワードプロセッサやプリンタなどが開発され文書作成・蓄積技術などを中心にオフィスにおける電子化・自動化等を目指してオフィス・オートメーション(OA)学会で研究されていた.更にオフィスの各種機器を接続する通信系システム等の研究の必要性が認識され,電子通信学会にも上記両氏が中心になってOS研専が設立された.このOS研専設立当初は,オフィスにおけるシステム等が主な対象であったが,アプリケーションも考慮してソフトウェアや情報関連も含めた発表の場を提供するため,平成14年にオフィスシステム(OFS)研専からオフィスインフォメーションシステム(OIS)研専と名称変更された.更に,インターネットの普及とともに学生や一般ユーザによるシステム開発や保守・運用などが行われるようになり,その議論や発表の場を提供するため平成21年にライフインテリジェンスとオフィス情報システム(LOIS)研専と名称変更された.これに伴いライフログやセキュリティなども議論されるようになり,研究会の活性化が一層進んで現在に至っている.

3.LOIS研専の研究状況と特徴

 LOIS研究会は,毎年6回の奇数月に開催される研究会と9月の情報処理学会との共催によるソサイエティ大会である情報科学技術フォーラム(FIT)及び3月の総合大会の計8回が開催されている.LOIS研究会で取り扱われる分野のキーワードは,研専のHP(2)に記されているように,ライフログ,オフィスモデル,コミュニケーション,データマイニング,システムアーキテクチャ,ネットワーク,セキュリティ,ヒューマンインタフェース,その他のアプリケーションである.これらは,基本の要素技術からアプリケーションの応用技術まで広範囲にわたっている.したがって,毎年3月はLOIS研専単独で開催しているが,ほかの月は他ソサイエティの研専だけでなく,情報処理学会や電気学会など他学会の研究会と合同で開催しており,毎年70~100件程度が発表されている.なお,総合大会やFITでも平均30件以上が活発に発表されている.また,和文論文誌Dにはオフィス関連の特集号が過去5回発行されており,本年は初めて英文論文誌の特集号が10月に発行される予定である.以上のように,LOIS研専は時代とともに名称や取扱い範囲の変更を重ねながらも変化する技術に対応して着実に発展を続けている.

文     献

(1) T. Wakahara, T. Maki, N. Yamamoto, A. Kodate, M. Okamoto, and H. Nishi, “Trend and Factor Analysis of Office related research in LOIS Technical Committee,” IEICE Trans. Inf. & Syst., vol.E-100D, no.10, Oct. 2017.

(2) LOIS研究会,
http://www.ieice.org/iss/ois/jpn/index.html#field

(平成29年4月24日受付 平成29年5月28日最終受付)

images/fig_1.png

(わか)(はら) (とし)(ひこ) (正員:フェロー)

 昭45東工大・工・電子物理卒.昭47同大学院修士課程了.同年日本電信電話公社研究所入所.以来,PCM-FDM伝送方式,ATM通信アプリケーション等の研究・実用化に従事.現在,福岡工大・情報通信工学科教授.博士(工学),平24~25年度LOIS研究専門委員長,平13 OFS研究賞・OFS功労賞,平27年度本会ISS活動功労賞各受賞.


続きを読みたい方は、以下のリンクより電子情報通信学会の学会誌の購読もしくは学会に入会登録することで読めるようになります。 また、会員になると豊富な豪華特典が付いてきます。


続きを読む(PDF)   バックナンバーを購入する    入会登録


  

電信情報通信学会 - IEICE会誌はモバイルでお読みいただけます。

電子情報通信学会誌 会誌アプリのお知らせ

電信情報通信学会 - IEICE会誌アプリをダウンロード

  Google Play で手に入れよう

本サイトでは会誌記事の一部を試し読み用として提供しています。