ニュース解説 ダイヤモンドを使った真にランダムな偏光を持つ単一光子の発生・検証に成功――光子を用いた量子さいころ――

電子情報通信学会 - IEICE会誌 試し読みサイト
Vol.100 No.10 (2017/10) 目次へ

前の記事へ次の記事へ


ダイヤモンドを使った真にランダムな偏光を持つ単一光子の発生・検証に成功

――光子を用いた量子さいころ――

 東北大学電気通信研究所の研究グループは,真にランダムな偏光状態にある単一光子の発生を,ダイヤモンドを用いて実現することに成功した.光子を用いた真性乱数発生器の実現や量子暗号の技術開発,及び量子力学の基礎問題の検証に重要な役割を果たすことが期待される.


続きを読みたい方は、以下のリンクより電子情報通信学会の学会誌の購読もしくは学会に入会登録することで読めるようになります。 また、会員になると豊富な豪華特典が付いてきます。


続きを読む(PDF)   バックナンバーを購入する    入会登録


  

電信情報通信学会 - IEICE会誌はモバイルでお読みいただけます。

電子情報通信学会誌 会誌アプリのお知らせ

電信情報通信学会 - IEICE会誌アプリをダウンロード

  Google Play で手に入れよう

本サイトでは会誌記事の一部を試し読み用として提供しています。