解説 IP中継ネットワークの技術動向

電子情報通信学会 - IEICE会誌 試し読みサイト
Vol.100 No.3 (2017/3) 目次へ

前の記事へ次の記事へ


解説

IP中継ネットワークの技術動向

Technologies in IP Backbone Networks

岩井隆典

岩井隆典 正員 日本電信電話株式会社NTTネットワークサービスシステム研究所

Takanori IWAI, Member (NTT Network Service Systems Laboratories, NIPPON TELEGRAPH AND TELEPHONE CORPORATION, Musashino-shi, 180-8585 Japan).

電子情報通信学会誌 Vol.100 No.3 pp.222-229 2017年3月

©電子情報通信学会2017

abstract

 近年のインターネットの急速な普及により,IPネットワークにおいてIP中継ネットワークの重要性が高まっている.IP中継ネットワークとは,通信サービス利用者から集められたIPパケットをインターネット接続点等に転送するネットワークであり,データ,音声,映像等の多種多様で大量の通信トラヒックを扱う.したがって,ネットワーク障害等に対する高い信頼性が求められる.本稿では,IP中継ネットワークの役割と機能,IP通信トラヒックの増大に伴うネットワーク形態の変遷と関連する技術について説明する.更に,将来のIP中継ネットワークに向けた研究開発動向について紹介する.

キーワード:IPネットワーク,ルータ,IPルーチング,MPLS,NFV/SDN

1.は じ め に

 現在,通信サービスの多くはIPネットワーク上で提供されるようになり,通信サービスの多様化,高速化が進んでいる.通信サービスの変化に伴い,IPネットワークを支える通信サービス基盤であるIP中継ネットワークの技術も変化している.IP中継ネットワークはその端点であるIPエッジ装置とIPエッジ装置間を中継するIP中継装置から構成される.これらIP装置は,一般にルータと呼ばれ,音声,データ,映像等の多様なIPパケットを,その転送先を示すIPルーチングテーブルに従い経路上隣接するルータを順次経由して目的とするエッジルータまで届ける.本稿では,通信サービスを高速,高信頼に実現するために,IP中継ネットワーク及びIP中継ネットワークを構成するルータに用いられている技術とその動向について,主に通信キャリヤクラスの大規模(全国規模)ネットワークを対象に説明する.

2.IP中継ネットワークの役割と機能

2.1 IP中継ネットワークの役割

 図1に,IPネットワークの一例を示す.本図に示すとおり,IPネットワークは,IP中継ネットワークにアクセスネットワークを収容するサービスルータ及び,他のネットワークとの境界装置(GW: Gateway)が接続された形態となる.本稿ではサービスルータは通信サービス利用者から集められた通信トラヒックに対しサービスごとまたは利用者ごとの制御を行うルータを指す.IP中継ネットワークの役割としては次のようになる.

 (1) 大容量IPパケット転送

 (2) サービスルータ収容

 (3) 他ネットワーク接続

 (4) VPN(Virtual Private Network)の提供

 (5) ネットワーク冗長


続きを読みたい方は、以下のリンクより電子情報通信学会の学会誌の購読もしくは学会に入会登録することで読めるようになります。 また、会員になると豊富な豪華特典が付いてきます。


続きを読む(PDF)   バックナンバーを購入する    入会登録


  

電信情報通信学会 - IEICE会誌はモバイルでお読みいただけます。

電子情報通信学会誌 会誌アプリのお知らせ

電信情報通信学会 - IEICE会誌アプリをダウンロード

  Google Play で手に入れよう

本サイトでは会誌記事の一部を試し読み用として提供しています。