ニュース解説 光子1個でも観察できる「光子顕微鏡」を世界で初めて開発――超伝導光センサを用いて極微弱光のカラー撮影を実現――

電子情報通信学会 - IEICE会誌 試し読みサイト
Vol.100 No.9 (2017/9) 目次へ

前の記事へ次の記事へ


光子1個でも観察できる「光子顕微鏡」を世界で初めて開発

――超伝導光センサを用いて極微弱光のカラー撮影を実現――

 国立研究開発法人産業技術総合研究所の研究チームは,従来の光学顕微鏡では観測できない極めて弱い光でも明瞭なカラー画像を観察できる,「光子顕微鏡」を世界で初めて開発した.この顕微鏡を利用すると,生体細胞からの微弱発光の観察や微量化学物質の蛍光分析等で,通常の検出感度を超える超高感度計測が可能となり,医療・バイオ・半導体など各分野における研究開発・製品開発に大きく貢献すると考えられる.


続きを読みたい方は、以下のリンクより電子情報通信学会の学会誌の購読もしくは学会に入会登録することで読めるようになります。 また、会員になると豊富な豪華特典が付いてきます。


続きを読む(PDF)   バックナンバーを購入する    入会登録


  

電信情報通信学会 - IEICE会誌はモバイルでお読みいただけます。

電子情報通信学会誌 会誌アプリのお知らせ

電信情報通信学会 - IEICE会誌アプリをダウンロード

  Google Play で手に入れよう

本サイトでは会誌記事の一部を試し読み用として提供しています。