ニュース解説 緊密安全性と相互接続性を両立するディジタル署名

電子情報通信学会 - IEICE会誌 試し読みサイト
Vol.101 No.1 (2018/1) 目次へ

前の記事へ次の記事へ


タイトル

◆今月のニュース解説

緊密安全性と相互接続性を両立するディジタル署名

 A Digital Signature Scheme that Satisfies Both Tight Security and Inter-operability

シリコンプラットホーム上の高効率な光変調器

 High Efficiency Optical Modulator on Si Photonics Platform

磁石の中の素励起「マグノン」を数える

――超伝導量子ビットとのハイブリッドシステムを利用――

 Counting “Magnons” in a Ferromagnetic Sphere: Application of a Hybrid System with a Superconducting Qubit

クライオ蛍光顕微鏡による色素1分子の標準誤差1nmの三次元位置決定

 Three-dimensional Localization of an Individual Dye Molecule with a 1nm Standard Error by Cryogenic Fluorescence Microscope

ペン書き1mmの点を識別タグにする認証技術

 Recognition Technology to Enable Ink Dots to Become Identification Tags

超小形衛星を用いた低軌道衛星―地上間量子通信の実証実験

――超長距離・高秘匿な衛星通信網を目指して――

 Demonstration of Low-earth-orbit Satellite-to-ground Quantum Communication Using a Microsatellite: Aiming for Ultra-long Distance and Highly-confidential Satellite Communication Networks

ブロックチェーンのトランザクション処理を高速化する技術

――取引性能を2.7倍高速化し,高性能を要求されるシステムへの適用を可能に――

 Speeding-up Transaction Processing Technology on the Blockchain

脳内のmath波が視覚的な揺れとして目に見える

 Illusory Jitter Perceived at the Frequency of Alpha Oscillations

緊密安全性と相互接続性を両立するディジタル署名

 日本電信電話株式会社,国立研究開発法人情報通信研究機構,カールスルーエ工科大学の研究チームは,緊密安全性と相互接続性を両立する群構造維持ディジタル署名方式(以下,群構造維持署名と呼ぶ)を世界で初めて実現した.これにより,電子投票,電子現金,匿名資格証明書などの暗号プロトコルをより容易に設計できるようになった.


続きを読みたい方は、以下のリンクより電子情報通信学会の学会誌の購読もしくは学会に入会登録することで読めるようになります。 また、会員になると豊富な豪華特典が付いてきます。


続きを読む(PDF)   バックナンバーを購入する    入会登録


  

電信情報通信学会 - IEICE会誌はモバイルでお読みいただけます。

電子情報通信学会誌 会誌アプリのお知らせ

電信情報通信学会 - IEICE会誌アプリをダウンロード

  Google Play で手に入れよう

本サイトでは会誌記事の一部を試し読み用として提供しています。