ニュース解説 ペン書き1mmの点を識別タグにする認証技術

電子情報通信学会 - IEICE会誌 試し読みサイト
Vol.101 No.1 (2018/1) 目次へ

前の記事へ次の記事へ


ペン書き1mmの点を識別タグにする認証技術

 日本電気株式会社(NEC)は,様々な‘もの’に市販のペンで“点”(ドット)を書き,カメラで撮影することで,個々のドットを個別に識別できる新たな画像認識技術「マイドット」を開発した.

 昨今,インターネットのフリーマーケットやシェアリングエコノミーでは,IoTを活用した,消費者間(C to C)での‘もの’の売買や貸し借り,支払が活発化している.しかし,実際の‘もの’のやり取りと取引データをリンクするためには,バーコードなどの識別タグを印刷して‘もの’に貼り付ける等の作業が必要で,コストや手間が掛かることや,貼付けが難しい小さな‘もの’の取扱いが課題となっている.例えば,誰でも,どこでも,気軽にできる消費者間の取引等において,個人が販売する品や手作り品に対し,価格や商品紹介のコンテンツ,決済や輸送のためのデータをリンクするために,手間を掛けず,セキュアに,‘もの’とそれらデータがリンクし,より簡単に管理できる方法が求められている.


続きを読みたい方は、以下のリンクより電子情報通信学会の学会誌の購読もしくは学会に入会登録することで読めるようになります。 また、会員になると豊富な豪華特典が付いてきます。


続きを読む(PDF)   バックナンバーを購入する    入会登録


  

電信情報通信学会 - IEICE会誌はモバイルでお読みいただけます。

電子情報通信学会誌 会誌アプリのお知らせ

電信情報通信学会 - IEICE会誌アプリをダウンロード

  Google Play で手に入れよう

本サイトでは会誌記事の一部を試し読み用として提供しています。