ニュース解説 人物出現パターンの数値化・自動分類技術を開発――映像から不審者を高精度で絞り込む――

電子情報通信学会 - IEICE会誌 試し読みサイト
Vol.101 No.11 (2018/11) 目次へ

前の記事へ次の記事へ


最近の新聞等で報道された技術情報を深める ニュース解説

人物出現パターンの数値化・自動分類技術を開発

――映像から不審者を高精度で絞り込む――

 日本電気株式会社(NEC)は,映像において人物の出現パターンを数値化して動きの微視的な乱雑さを捉えることで,異なるパターンを自動分類できる技術を開発した.近年,ショッピングモールやビル,駅などの公共施設に多くのカメラが設置されるようになってきている.収集される映像データは日々膨大化し,人手による不審者の解析やモニタリングは困難を極める.画像認識技術をはじめとする映像分析技術の発展により,ある程度人手の解放が進んでいる.しかしながら複数のカメラの長時間映像から,うろつきなどある一定の期間にわたる不審な行動の検出は,人手での確認作業が必要であり,依然として困難な状況である.


続きを読みたい方は、以下のリンクより電子情報通信学会の学会誌の購読もしくは学会に入会登録することで読めるようになります。 また、会員になると豊富な豪華特典が付いてきます。


続きを読む(PDF)   バックナンバーを購入する    入会登録


  

電信情報通信学会 - IEICE会誌はモバイルでお読みいただけます。

電子情報通信学会誌 会誌アプリのお知らせ

電信情報通信学会 - IEICE会誌アプリをダウンロード

  Google Play で手に入れよう

本サイトでは会誌記事の一部を試し読み用として提供しています。