ニュース解説 機械学習とシミュレーションを融合し,まれな不具合を効率的に発見する技術を開発

電子情報通信学会 - IEICE会誌 試し読みサイト
Vol.101 No.11 (2018/11) 目次へ

前の記事へ次の記事へ


最近の新聞等で報道された技術情報を深める ニュース解説

◆今月のニュース解説

機械学習とシミュレーションを融合し,まれな不具合を効率的に発見する技術を開発

 Rare and Critical Condition Search Technique by Combining Machine Learning and Simulation

人物出現パターンの数値化・自動分類技術を開発――映像から不審者を高精度で絞り込む――

 Classification of People Behavioral Patterns: Find Suspicious People in Surveillance Videos

機械学習とシミュレーションを融合し,まれな不具合を効率的に発見する技術を開発

 国立研究開発法人産業技術総合研究所(産総研)と日本電気株式会社(NEC)は,発生確率が極めて低いため設計段階で事前に発見が難しい不具合を,確率的サンプリング手法によりシミュレーションを繰り返して効率的に見つけ出す「希少事象発見技術」を開発した.本技術は,不具合検証時のシミュレーション条件の組合せが膨大になり,製品設計段階で熟練の専門家が費やしていた検証時間の大幅な短縮と,複数不具合の見落としリスクを軽減することが可能である.


続きを読みたい方は、以下のリンクより電子情報通信学会の学会誌の購読もしくは学会に入会登録することで読めるようになります。 また、会員になると豊富な豪華特典が付いてきます。


続きを読む(PDF)   バックナンバーを購入する    入会登録


  

電信情報通信学会 - IEICE会誌はモバイルでお読みいただけます。

電子情報通信学会誌 会誌アプリのお知らせ

電信情報通信学会 - IEICE会誌アプリをダウンロード

  Google Play で手に入れよう

本サイトでは会誌記事の一部を試し読み用として提供しています。