小特集 1. シニアの科学教室での楽しさ

電子情報通信学会 - IEICE会誌 試し読みサイト
Vol.101 No.3 (2018/3) 目次へ

前の記事へ次の記事へ


子供の科学教室に見るシニアの活躍──能力,技術の伝承と生きがいを考える──

小特集 1.

シニアの科学教室での楽しさ

Senior’s Pleasure with Children’s Science Education Challenge

竹下秀俊

竹下秀俊 正員 ビッセン株式会社

Hidetoshi TAKESHITA, Member (Wissen Corporation, Noda-shi, 278-0012, Japan).

電子情報通信学会誌 Vol.101 No.3 pp.304-308 2018年3月

©電子情報通信学会2018

abstract

 日本の高度成長を支えた企業の技術者が,定年後手持ち無沙汰に毎日を過ごし,生きがいや楽しみが感じられる機会を失っている.そこで,子供の科学離れ,理工系離れの解決策の一助とすべく,ボランティアで子供科学教室の開催の機会を得たことで,多くの感動を得,楽しい時間を過ごすことができたので報告する.子供が興味を持って工作しているときの真剣な目,自分で物を作り,作ったものが動いたときの喜びの顔は格別であり,忘れられない.また科学教室後に開催した懇親会での,ボランティア参加の学生とのおしゃべりも楽しい一時である.

 一人でも多くの子供が科学に興味を持って育っていき,日本の科学技術の発展に貢献する人材を輩出できるよう,一人でも多くのシニアの方が科学教室を開催して,非日常の感動を得ることを願ってやまない.

キーワード:シニア,科学教室,教育事業,サイエンス

1.は じ め に

1.1 通信の飛躍的な発達の一翼を担えた現役時代

 約半世紀の間に通信の世界は飛躍的な発展を遂げた.その中で,私は電話の交換機の開発に携わることができ,激務の連続ではあったが,幸運であったと思っている.私の田舎では小学校のとき,電話が設置されていたのは,村長さん宅と雑貨屋さんのみであった.しかも,自動交換ではなく,交換台の交換手が介在する半自動接続であった.そして,私が入社した1974年でさえ,アナログのクロスバ交換機の全盛期で,ようやく制御系にコンピュータ(交換専用に開発したプロセッサ,コアメモリ,外部記憶装置は磁気ドラム)を使い始めたときであった.そして,電話の加入を申請しても設置まで待たされた(積滞)時代でもあった.(4年後の1978年3月には積滞解消.)ところが現在は,胸ポケットに収まる携帯電話/スマートホンが普及して,いつでも,どこでも,誰と(グループ)でも通話/データ共有することができ,クラウドから様々な情報を得ることができるようになった.このような飛躍的な通信の発展を,当時は誰も予想できなかったと思う.そして,ライフライン(119番,110番通話)としての役割は固定電話から携帯電話へと移行し,2017年6月末の移動電話は16,726万契約(総務省情報通信統計データべース)に達し,一人で2台の携帯電話を所有する時代へと移行した.電話の発展の歴史については,図1の電話の発展年表に示す.

fig_1.png


続きを読みたい方は、以下のリンクより電子情報通信学会の学会誌の購読もしくは学会に入会登録することで読めるようになります。 また、会員になると豊富な豪華特典が付いてきます。


続きを読む(PDF)   バックナンバーを購入する    入会登録


  

電信情報通信学会 - IEICE会誌はモバイルでお読みいただけます。

電子情報通信学会誌 会誌アプリのお知らせ

電信情報通信学会 - IEICE会誌アプリをダウンロード

  Google Play で手に入れよう

本サイトでは会誌記事の一部を試し読み用として提供しています。