特集 1-1 政策を推進する立場から働き方改革について

電子情報通信学会 - IEICE会誌 試し読みサイト
Vol.101 No.5 (2018/5) 目次へ

前の記事へ次の記事へ


1. 働き方改革に対する取組み

特集1-1

政策を推進する立場から働き方改革について

Work Style Reform: From a Politician’s Point of View

橋本 岳

橋本 岳 衆議院議員

Gaku HASHIMOTO, Nonmember (Member of the House of Representatives, Tokyo, 100-8982 Japan).

電子情報通信学会誌 Vol.101 No.5 pp.418-423 2018年5月

©電子情報通信学会2018

1.概     要

 働き方改革は単に仕事を楽にすることではない.日本は過去20年間,生産年齢人口の減少を多様な就業機会の拡大や就業形態の多様化,生産性の向上等によってカバーして経済成長を続けてきた.働き方改革は,その間に生じた長時間労働や労働市場の二極化等の課題を克服し,個々人のライフステージに合った仕事の選択機会を増やし,仕事の意欲を高め,仕事と家庭等の両立を実現することを狙いとする.技術者・研究者も労働法制下にあることにも留意すべきである.今後のICTの進展がユニバーサルな社会の実現に資することを期待する.

2.は じ め に

 まず図1を御覧頂きたい.これは日本経済新聞社の広告(注1)からの引用である.横山光輝の漫画「三国志」の絵を使いつつ社会的キーワードとして働き方改革が取り上げられている.こうした形で政策が取り上げられ人口に膾炙することは,関与した一人としては誠に有り難いことであると考えている.

fig_1.png

 一方で,説明として「過度な仕事ぶりを反省し,社内の改革に力を入れている」と記しており,働き方改革とは「仕事ぶりを楽にすること」であるかのような認識が記されている.働き方改革の議論が行われている際に,2015年12月に発生した大手広告代理店における過労自殺事件がクローズアップされたことからしても,このような認識が世間にかなり広まっていると考えられる.こうした理解は,必ずしも誤りと決めつけることはできないが,しかし十分なものとも言えない.

 筆者は第3次安倍第2次改造内閣における厚生労働副大臣として政府の「働き方改革実現会議」に陪席し,厚生労働省内における事務的な検討に参加した.また2017年秋以降は自由民主党厚生労働部会長として引き続き「働き方改革」の実現に向けて取り組んでいる.その立場から,過去20年間のマクロな労働環境の変遷と克服すべき課題を記し,安倍政権が取り組む働き方改革の狙いを示す.その上で技術者・研究者と労働法制との関連や,ICTへの期待を述べるものである.なお文責は全て筆者にあり,所属組織等の見解を示すものではないことに御留意願いたい.


続きを読みたい方は、以下のリンクより電子情報通信学会の学会誌の購読もしくは学会に入会登録することで読めるようになります。 また、会員になると豊富な豪華特典が付いてきます。


続きを読む(PDF)   バックナンバーを購入する    入会登録


  

電信情報通信学会 - IEICE会誌はモバイルでお読みいただけます。

電子情報通信学会誌 会誌アプリのお知らせ

電信情報通信学会 - IEICE会誌アプリをダウンロード

  Google Play で手に入れよう

本サイトでは会誌記事の一部を試し読み用として提供しています。