ニュース解説 超伝導量子ビット素子を用いた伝搬マイクロ波光子の量子非破壊測定――伝搬マイクロ波光子を吸収することなく検出――

電子情報通信学会 - IEICE会誌 試し読みサイト
Vol.101 No.8 (2018/8) 目次へ

前の記事へ次の記事へ


超伝導量子ビット素子を用いた伝搬マイクロ波光子の量子非破壊測定

――伝搬マイクロ波光子を吸収することなく検出――

 東京大学,東京医科歯科大学,理化学研究所のチームは,伝搬マイクロ波光子を吸収することなく高効率に検出することに世界で初めて成功した.マイクロ波光子を用いて,現在量子コンピュータを実現するデバイスとして有力視されている超伝導量子ビット素子の間で量子情報の授受をすることが可能であるため,本成果は,量子ビット数の大規模化に向けた量子ネットワークの基盤技術になると期待される.


続きを読みたい方は、以下のリンクより電子情報通信学会の学会誌の購読もしくは学会に入会登録することで読めるようになります。 また、会員になると豊富な豪華特典が付いてきます。


続きを読む(PDF)   バックナンバーを購入する    入会登録


  

電信情報通信学会 - IEICE会誌はモバイルでお読みいただけます。

電子情報通信学会誌 会誌アプリのお知らせ

電信情報通信学会 - IEICE会誌アプリをダウンロード

  Google Play で手に入れよう

本サイトでは会誌記事の一部を試し読み用として提供しています。