特別小特集 2-3 経営学から見た「知的財産ミックス」

電子情報通信学会 - IEICE会誌 試し読みサイト
Vol.102 No.1 (2019/1) 目次へ

前の記事へ次の記事へ


特別小特集 2-3 経営学から見た「知的財産ミックス」

杉光一成 金沢工業大学大学院イノベーションマネジメント研究科イノベーション・マネジメント専攻

Kazunari SUGIMITSU, Nonmember (Graduate School of innovation management, Kanazawa Institute of Technology, Tokyo, 105-0002 Japan).

電子情報通信学会誌 Vol.102 No.1 pp.21-25 2019年1月

©電子情報通信学会2019

1.は じ め に

 「技術」に関連する知的財産(以下,知財)と言えば,「特許」を想起するのが一般的と思われる.

 しかし,近年では,「技術」を「ブランド」化した事例が注目を集めている.ブランドは「商標」で保護されるものと考えている人からすればこの「技術のブランド化」という概念は理解しづらいかもしれない.また,「デザイン」についても,知財の中の「意匠」(物品の美的外観)と同じ意味と考えられることが多いと思われるが,実は,後述するアップル社のように「デザイン」を「特許」で保護する事例も存在する.

 このように,特許のみならず,意匠や商標など様々な知財を活用して,製品(あるいはサービス等)を多面的に保護し,活用するという観点は,「知財ミックス」あるいは「知財権ミックス」(以下,原則として両者を合わせて「知財ミックス」)などと言われ,最近,政府の公的文書を含め,様々な文献で用いられるようになっている.

 しかしながら,「知財ミックス」という用語に明確な定義があるわけではなく,その言葉の使い方,そして意義についても使用者によって異なるものとなっている.

 そこで,本稿では,「知財ミックス」の定義について先行文献・研究を検討して整理した上で,企業の実践事例としてアップル社を取り上げる.次に,経営学における最近のデザイン・ブランド論について概説した上で,「知財ミックス」の意義について再検討を行う.

2.先行文献・研究

 筆者が調べた限り,この用語を最初に用いたのは「技術力で勝る日本が,なぜ事業で負けるのか」の著者であり,NPO法人産学連携推進機構理事長の妹尾堅一郎氏である.同氏の「知的資産経営と人財育成」(2008年7月14日)というセミナーにおける資料(注1)において,いわゆる創造・保護・活用という「知的創造サイクル」の「保護」段階では「いかなる知財網・群,知財ミックス,知財権ミックスが効果的・効率的か検討」(すべき)という記述がある.


続きを読みたい方は、以下のリンクより電子情報通信学会の学会誌の購読もしくは学会に入会登録することで読めるようになります。 また、会員になると豊富な豪華特典が付いてきます。


続きを読む(PDF)   バックナンバーを購入する    入会登録


  

電信情報通信学会 - IEICE会誌はモバイルでお読みいただけます。

電子情報通信学会誌 会誌アプリのお知らせ

電信情報通信学会 - IEICE会誌アプリをダウンロード

  Google Play で手に入れよう

本サイトでは会誌記事の一部を試し読み用として提供しています。