ニュース解説 積層ビジョンチップを用いた高速小形プロジェクションマッピングデバイスを開発――1,000fps高速画像処理と高速追従投影が電池で動く――

電子情報通信学会 - IEICE会誌 試し読みサイト
Vol.102 No.1 (2019/1) 目次へ

前の記事へ次の記事へ


最近の新聞等で報道された技術情報を深める ニュース解説

◆今月のニュース解説

積層ビジョンチップを用いた高速小形プロジェクションマッピングデバイスを開発

――1,000fps高速画像処理と高速追従投影が電池で動く――

 Portable Dynamic Projection Mapping Device Using a 3D-stacked Vision Chip

室温で一つの分子に情報記録

――強誘電性を示す分子の発見――

 Hysteretic Single-molecule Electric Polarisation Switching above Room Temperature

積層ビジョンチップを用いた高速小形プロジェクションマッピングデバイスを開発

――1,000fps高速画像処理と高速追従投影が電池で動く――

 東京大学石川妹尾研究室はソニー株式会社と共同で開発した積層ビジョンチップを用いて,動く対象に映像を追従させることができる小形のダイナミックプロジェクションマッピングデバイスを開発した.


続きを読みたい方は、以下のリンクより電子情報通信学会の学会誌の購読もしくは学会に入会登録することで読めるようになります。 また、会員になると豊富な豪華特典が付いてきます。


続きを読む(PDF)   バックナンバーを購入する    入会登録


  

電信情報通信学会 - IEICE会誌はモバイルでお読みいただけます。

電子情報通信学会誌 会誌アプリのお知らせ

電信情報通信学会 - IEICE会誌アプリをダウンロード

  Google Play で手に入れよう

本サイトでは会誌記事の一部を試し読み用として提供しています。