ニュース解説 室温で一つの分子に情報記録――強誘電性を示す分子の発見――

電子情報通信学会 - IEICE会誌 試し読みサイト
Vol.102 No.1 (2019/1) 目次へ

前の記事へ次の記事へ


最近の新聞等で報道された技術情報を深める ニュース解説

室温で一つの分子に情報記録

――強誘電性を示す分子の発見――

 広島大学の西原禎文准教授らは,1P(1015)bit/inch2の超高密度不揮発性メモリにつながる「単分子誘電体(Single-molecule Electret)」を発見したと報告した.「単分子誘電体」は単一分子で強誘電体のような分極―電界ヒステリシスや自発分極を示すことから,一分子に情報(1bit)を格納することができる.これにより,市販の不揮発性メモリに比べて1,000倍以上の情報を収納できる可能性を持ち,フラッシュメモリなど記憶装置の大容量化・小形化が期待される.また,この現象は室温以上で観測されていることから,実用性の面からも多くの注目を集めている.


続きを読みたい方は、以下のリンクより電子情報通信学会の学会誌の購読もしくは学会に入会登録することで読めるようになります。 また、会員になると豊富な豪華特典が付いてきます。


続きを読む(PDF)   バックナンバーを購入する    入会登録


  

電信情報通信学会 - IEICE会誌はモバイルでお読みいただけます。

電子情報通信学会誌 会誌アプリのお知らせ

電信情報通信学会 - IEICE会誌アプリをダウンロード

  Google Play で手に入れよう

本サイトでは会誌記事の一部を試し読み用として提供しています。