小特集 2. 英国,官学が産を呼び込む国

電子情報通信学会 - IEICE会誌 試し読みサイト
Vol.102 No.2 (2019/2) 目次へ

前の記事へ次の記事へ


グローバル科学社会シリーズ──英国編──

小特集 2.

英国,官学が産を呼び込む国

United Kingdom, Where Government/Academia Attract Industry

瀬戸一郎

瀬戸一郎 正員 東芝欧州研究所通信研究所

Ichiro SETO, Member (Telecommunications Research Laboratory, Toshiba Research Europe Ltd., Bristol, BS1 4ND U.K.).

電子情報通信学会誌 Vol.102 No.2 pp.155-157 2019年2月

©電子情報通信学会2019

1.は じ め に

 英国は,大陸の様々な文化を吸収しながら,多種多様かつ多層的に社会が構成されている.英国ブリストルでの研究開発活動を通じて,私が感じた産官学の特徴,英国の魅力を紹介する.

2.英国の産官学

2.1 産業界

 国内の工業企業は,航空業界を除いて,苦戦している.かつて,一時代を築いた自動車産業においても,大手企業は全て独資本になっている.グローバルな電機電子企業は限られる.しかしながら,外資大手企業の参入は著しく,また,技術志向型のスタートアップ企業が数多く存在する.GDPで,英国は,EUで2位,世界で5位であるが,結び付きが強いCommon Wealth(用語)を含めると,米国,中国に次ぐ圧倒的な3位となる.魅力ある市場であることが一つの理由であるが,官学の魅力に引き寄せられ,先端企業が参入してきている傾向も強い.


続きを読みたい方は、以下のリンクより電子情報通信学会の学会誌の購読もしくは学会に入会登録することで読めるようになります。 また、会員になると豊富な豪華特典が付いてきます。


続きを読む(PDF)   バックナンバーを購入する    入会登録


  

電信情報通信学会 - IEICE会誌はモバイルでお読みいただけます。

電子情報通信学会誌 会誌アプリのお知らせ

電信情報通信学会 - IEICE会誌アプリをダウンロード

  Google Play で手に入れよう

本サイトでは会誌記事の一部を試し読み用として提供しています。