ニュース解説 マイク1本による低遅延音声分離技術の開発

電子情報通信学会 - IEICE会誌 試し読みサイト
Vol.102 No.2 (2019/2) 目次へ

前の記事へ次の記事へ


最近の新聞等で報道された技術情報を深める ニュース解説

マイク1本による低遅延音声分離技術の開発

 三菱電機株式会社は2018年9月に1秒程度の遅延で処理可能なマイク1本での音声分離技術を開発した.

 音声分離とは複数人の同時発話を話者ごとに個別の音声として抽出する技術である.近年,音声認識が様々な場面で用いられつつあるが,複数人の声が重なり合った音声を認識するのはいまだ困難であり,このような環境での音声認識には音声分離技術が必要である.従来,複数のマイクを使用する音声分離技術は幾つか提案されているが,音声の到来方向情報を用いることができないマイク1本での音声分離は,音声信号処理分野において最も困難な課題の一つとされてきた.


続きを読みたい方は、以下のリンクより電子情報通信学会の学会誌の購読もしくは学会に入会登録することで読めるようになります。 また、会員になると豊富な豪華特典が付いてきます。


続きを読む(PDF)   バックナンバーを購入する    入会登録


  

電信情報通信学会 - IEICE会誌はモバイルでお読みいただけます。

電子情報通信学会誌 会誌アプリのお知らせ

電信情報通信学会 - IEICE会誌アプリをダウンロード

  Google Play で手に入れよう

本サイトでは会誌記事の一部を試し読み用として提供しています。