ニュース解説 ループ光回路を用いた大規模量子計算実現法を発明

電子情報通信学会 - IEICE会誌 試し読みサイト
Vol.101 No.2 (2018/2) 目次へ

前の記事へ次の記事へ


ループ光回路を用いた大規模量子計算実現法を発明

 東京大学は,どれほど大規模な計算も最小規模の回路構成で実行できる新しい光量子コンピュータ方式を発明した.これまで量子コンピュータでは数十量子ビットの小規模な計算が限界だったが,この方式では桁違いの大規模量子計算が実行可能になると見込まれる.

 量子コンピュータは,現代のスーパコンピュータでも膨大な時間が掛かる計算を一瞬で解くとされる新しい動作原理のコンピュータである.現代のコンピュータでは,「0か1」というビットが情報の単位であるが,量子コンピュータでは「0と1の重ね合わせ」である量子ビットを情報の単位とする.多数の量子ビットを用いて,様々な情報を重ね合わせながら並列計算を行うことで,現代のコンピュータが不得意な計算も超高速で実行することができる.


続きを読みたい方は、以下のリンクより電子情報通信学会の学会誌の購読もしくは学会に入会登録することで読めるようになります。 また、会員になると豊富な豪華特典が付いてきます。


続きを読む(PDF)   バックナンバーを購入する    入会登録


  

電信情報通信学会 - IEICE会誌はモバイルでお読みいただけます。

電子情報通信学会誌 会誌アプリのお知らせ

電信情報通信学会 - IEICE会誌アプリをダウンロード

  Google Play で手に入れよう

本サイトでは会誌記事の一部を試し読み用として提供しています。