ニュース解説 時速300kmの超高速移動環境で5G無線通信実験に成功――超高速データ伝送・通信中ハンドオーバ・4Kライブ映像ライブ中継も――

電子情報通信学会 - IEICE会誌 試し読みサイト
Vol.101 No.9 (2018/9) 目次へ

前の記事へ次の記事へ


最近の新聞等で報道された技術情報を深める ニュース解説

◆今月のニュース解説

時速300kmの超高速移動環境で5G無線通信実験に成功

――超高速データ伝送・通信中ハンドオーバ・4Kライブ映像ライブ中継も――

 World’s First 5G Wireless Data Transmission in Ultra-high-mobility Environment Exceeding 300km/h

時速500kmでも接続が切れないネットワークへ向けた革新的基盤技術を開発

 Towards Uninterrupted Communication for Users Moving at 500km/h

時速300kmの超高速移動環境で5G無線通信実験に成功

――超高速データ伝送・通信中ハンドオーバ・4Kライブ映像ライブ中継も――

 株式会社NTTドコモは,日本電気株式会社,日本電信電話株式会社と共同で,28GHz帯の周波数において第5世代移動通信方式(5G)を用いて,時速300kmの超高速移動環境で5G無線通信実験に世界で初めて成功した.本成果は,高速鉄道など超高速移動環境における5Gサービスに向けた基盤技術となる.


続きを読みたい方は、以下のリンクより電子情報通信学会の学会誌の購読もしくは学会に入会登録することで読めるようになります。 また、会員になると豊富な豪華特典が付いてきます。


続きを読む(PDF)   バックナンバーを購入する    入会登録


  

電信情報通信学会 - IEICE会誌はモバイルでお読みいただけます。

電子情報通信学会誌 会誌アプリのお知らせ

電信情報通信学会 - IEICE会誌アプリをダウンロード

  Google Play で手に入れよう

本サイトでは会誌記事の一部を試し読み用として提供しています。